美容やコスメの新商品情報をお届け

じぶんdeエステの無料体験へ行ってみた!月額5980円で毎日通える夢のようなプラン

ここ最近店舗を増やしている話題の定額制セルフエステ「じぶんdeエステ」渋谷モディ店の初回体験に行ってきました。

じぶんdeエステは、自分でエステマシン選び自分でエステを行うセルフエステサロンで、一番安いプランだと月額5,980円で毎日通い放題のお財布に優しいシステムのお店です。

実は私、エステの超初心者。完全なる偏見ですが「エステ」と聞くと、高いお金を払ったり、美容アイテムを売りつけられてしまいそうで、ちょっと警戒しながら渋谷モディ店に足を踏み入れたのですが、あまりに開放感のある店内に警戒心は見事にふっとびました。

じぶんdeエステ無料体験コースを行う前に

まず体験コースを行う前に、スタッフの方からiPadを渡され、個人情報の記入と、エステマシンを使うための同意書などを書き進めます。

署名も3つ程記入し、同意書をメールで受信して準備完了。

ちなみに、同意書を受信した際に添付ファイルが開ける事を確認できないとエステが行えないので、スマホから確認出来るメールアドレスを利用するのがおすすめ。

ただし、確認出来ない場合は、郵送で同意書を送ってくれるとのことなのでご安心を。

全部で6種類!業務用エステマシン

次にスタッフの方から店内に完備しているエステマシンの説明を受けました。

じぶんdeエステでは、「JDEZERO」「JDE1」「JDE2」「JDEPRO」「JDEZERO」「JDEKNEFE」「BeBe1」の6台を完備。

36部屋にエステマシンが1台置かれているので、自分の選んだエステマシンの置いてある部屋へ案内されます。

一番人気はキャビラジとRF吸引が使える「JDE1」で、短時間で効果的なアプローチが出来るとのこと。

通常の無料体験ではこの人気マシン「JDE1」を使うそうですが、今回特別に6台から選ばせてもらい一番操作が簡単そうな「JDEZERO」を体験させてもらいました。

こちらが「JDEZERO」。

プランは4種類!気になる料金は?

気になる料金プランは4種類。1日1回で、毎日行ってもOKです。

グリーン

※11:00〜15:00までの入店
時間:デイタイム45分まで
月額:5,980円

サファイヤ

時間:デイタイム75分まで
月額:7,980円

ピンクゴールド

時間:オールタイム55分まで
月額:9,800円

ルビー

時間:オールタイム75分まで
月額:11,800円

※デイタイムはオープンから15:00まで。

いざセルフエステの部屋へ

白黒のストライプの通路の左右には、まるでファストファッションのフィッティングルームのような部屋がたくさん。

これ、確実に映える部屋ですね。通路で記念撮影をし、インスタにアップするお客さんが多いみたいです。

その気持ち、わかる。

部屋の中はこんな感じです。真っ黄色の壁紙の部屋に、大きな鏡とエステマシンに椅子、そして壁掛けiPadのみ。

あとは無料体験時のみ、無料で紙ブラ&パンツが用意されています。

セルフエステを初体験

簡単に「JDE ZERO」の操作説明を受け、いざセルフエステにチャレンジ。

画面はタッチパネルになっていて、ボディとフェイスのどちらの施術するかを選び、あとは好みの強さに調整するだけなので比較的簡単。

さて、操作方法はわかったものの、エステに行ったことがない私はどうやって施術するのか途方にくれそうでしたが、ここで役立つのがこのiPad。

「初回のお客様」、「マシン操作方法」「部位別当て方」「ダイエットお助けアイテム」「【必読】注意事項」の項目があり、嬉しいことに全て動画で説明してくれます。

※通常の無料体験コースは、説明動画を見たのち10分の練習を行い、スタッフの方にちゃんと正しく使えているかを確認してもらったのち、実践できるのでご安心を。

ちなみにエステに通っている方はお馴染みだと思いますが、私のような初心者のために。

左からボディ用キャビラジ、サイクロンラジL(ボディ用)、サイクロンラジM(ボディ・フェイス用)、サイクロンラジS(目元・法令線用)です。

太もも〜ヒップを施術してみました

説明動画を見ながら、見よう見まねで太ももとお尻を初エステ!

初めてのエステがまさか自分でやることになるとは思ってもみませんでしたが、動画がわかりやすいのでやっていくうちに、どうやったら上手く肌を滑らせられるのか、どうやったらちゃんと吸引できるのか、などコツが掴めてきます。

動画と同じように、座りながら実践。

エステシャンにやってもらったことがないので、比較は出来ませんが自分の気になるところを集中して施術できるため、ストレスフリーです。

そして、だんだん楽しくなって最終的には立ちながらエステ。

誰も見ていないので、思う存分自分の気になる場所を徹底的にアタック。

ちなみに機械が想像以上に重いので、腕が結構疲れます。

大げさに言うと、まるでジムで筋トレをしているかのよう。

ストイックに自分の体と向き合う時間がクセになりそうです。

説明動画はモデルさんの実践だけでなく、イラストでの解説もあるのでわかりやすいです。

見たい画面を一時停止することも可能です。

終わった後の流れ

時間が終わったら速やかに帰りましょう。

クリームを拭き取ったティッシュや、お手拭き、紙の下着は部屋に置きっ放しにせず、入り口に設置されているゴミ箱に捨てるのをお忘れなく。

ゴミを捨てたらそのまま帰るだけ。スタッフの方からのヒアリングや次回の予約など、まどろっこしいことは一切なし。

今回私はボディエステでしたが、フェイシャルエステをやる時はすっぴんが必須なので、メイクがバッチリのスタッフのお姉さんにすっぴんを晒さなくて良いのはかなり嬉しいところ。

帰り際には、スタッフの方が「Have a niceday!」と元気に見送ってくれます。

じぶんdeエステ無料体験の感想

結論、大満足です!この価格で本格的なエステマシンを使えるなんて感動です。

家の近所に出来たら、通いたいと思いました。

ただ、欲を言うと私のようにエステ初めての人が行く人はエステがどんなものか分かっていないので、最初はかなり戸惑いがあり少し消化不良でした。

何度か普通のエステに通い、プロのエステシャンの施術を体感している人の方が効果的にセルフエステを実践できるんだろうなと思います。

システム自体はかなり効率的で、初回以降は来店時にレジ横の機械にスマホをかざし部屋に入るまで約30秒。

施術後もお店の人と話す必要もなく、すぐに退店できるので、そのスピーディーさがとても魅力的でした。

こんな人におすすめ

・店舗が近く、毎日通える人
・コスパよく綺麗になりたい人
・続けられる人
・エステ慣れしている人

大学生や主婦、定時で上がれるOLさんにおすすめ。

こんな人は向かないかも

・エステ初心者(一度エステシャンに施術してもらった方が効果的にエステを実践出来そう)
・エステに癒しを求めている人
・疲れている人

自分でエステをするのは、想像以上に疲れるのでお疲れ気味の方はエステシャンにやってもらうのが一番です。

注意点

・フェイシャルはすっぴんでないと施術できません。メイク落としを持参しましょう。
・店内には洗面台やメイクを直せるスペースがありません。館内のパウダールームを利用しましょう。
・ゴミはしっかりゴミ箱へ。
・クリームを使うので汚れてもいい服で行くのがおすすめ。

最後に

気になった方に朗報!

現在店舗は、関東では新宿マルイアネックス、上野マルイ、渋谷モディ、マルイシティ横浜、池袋PARCO。

東海地方では2月12日にオープンした名古屋PARCO店、3月8日にオープンしたなんばマルイ店ですが、今後大宮や博多にもOPEN予定。

お近くにお店が出来た際はぜひ一度足を運んでみてくださいね。


>> じぶんdeエステの公式ホームページはこちらから

HARUKA
ビューティープレスマンのライターです。30代の仲間入りを果たし「30代はとっても楽しいよ!」という友人たちからの言葉に胸を踊らせながらも、重力に怯えがち。ドラックストアのテスターを試すのが大好きな庶民派。